35歳の少女

35歳の少女あらすじネタバレ!主演は柴咲コウでキャストは誰?

この記事はドラマ「35歳の少女」のあらすじやキャストについて書いています。

2020年10月からスタートする「35歳の少女」

柴咲コウさんが主演のドラマです。

今回は35歳の少女について

  • あらすじ
  • キャスト
  • 監督
  • 脚本

などをご紹介します。

35歳の少女あらすじは?謎に包まれた35歳の少女ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

hotjpdrama_official(@hotjpdrama_official)がシェアした投稿

35歳の少女のあらすじはまだ公開されていません。

明らかになっているのは

「25年ぶりに帰ってきた娘は10歳の子供だった」

という1文のみ。

柴咲コウさんは今村望美という女性を演じます。

まだ、役名とたった1文しか明かされていないあらすじ。

プロデューサーの太平太さんが

驚く仕掛けがたくさん用意されています。

「もの凄いスピードで成長していく人間の物語」を楽しみにしていてください。

引用:https://www.ntv.co.jp/shojo35/

とコメントしています。

  • 驚く仕掛けがたくさんある
  • もの凄いスピードで成長する人間のストーリー

とありますね。

では、この2点を踏まえて監督や脚本家などから、あらすじを予想していきたいと思います。

35歳の少女のあらすじを監督や脚本家からネタバレ予想!

 

この投稿をInstagramで見る

 

若村麻由美(@mayumiwakamura_official)がシェアした投稿

35歳の少女の脚本は遊川和彦さん。

色々な作品を手掛けている脚本家さんですが、主な代表作は

  • 偽装の夫婦
  • 過保護のカホコ
  • 家政夫のミタゾノ
  • ハケン占い師アタル
  • 女王の教室

など、ただのエンターテインメントではなく、社会問題や家庭の問題に深く切り込んだ作品を担当しています。

ですので、今回の35歳の少女もなにか社会に訴えかける内容になっているのではないかと思われます。

そして監督はまだ発表されていません。

分かり次第、追記予定です。

  • 脚本家は遊川和彦さん
  • 驚く仕掛けがたくさん用意されている
  • 25年ぶりに帰ってきた娘
  • 35歳の娘は(中身が?)10歳の少女だった

ことから予想されるストーリーは

誘拐された少女の25年後のストーリー

今回のドラマのキーワードは

  • 10歳
  • 25年振り
  • 35歳

です。

普通に考えると、10歳の時に何らかのの事情で家を出た少女が25年ぶりに帰ってきた。

通常なら35歳のはずが、帰ってきた娘は10歳の少女。

ということになります。

「帰ってきた娘」とありますので、帰ってきた場所は35歳の少女の実家であり、待っていた人物は少女の親(両親なのか、母親、父親のどちらかなのか)だということが推測されますね。

大人になってから、何年も実家に帰っていない、ということはよくある話ですが、出ていった当時は10歳。

しかも、女の子ですから自ら家出をしたというよりは、事件に巻き込まれたと考えるのが妥当です。

10歳の女の子が事件に巻き込まれる、ということで1番可能性として大きいのは誘拐ですね。

行方不明になっていた少女が何年ぶりかに発見された、というニュースもあります。

が、誘拐されただけなら35歳の女性の中身(精神状態?)が10歳のまま、ということはないので、それ以外にもなにか理由があるのではないでしょうか。

事故に遭って記憶喪失(植物状態)だった少女のストーリー

10歳の時に事故にあい、記憶をなくしてしまったか、植物状態になってしまった10歳までの記憶しかない、というストーリーはどうでしょうか?

よくドラマなどでも「自分が誰だかわからない事故にあって記憶をなくした入院患者」が出てきたりします。

しかし10歳の少女が普通に事故にあってしまったのなら、現場がどんなに自宅から遠かったとしても、保護者が探すでしょうし、捜索願いも出されているはず。

病院も警察に通報するはずです。

そう考えると、ただの事故ではなさそうですね。

10歳の時に事故にあい、事故の加害者は発覚を恐れて連れ去ってしまった。加害者は25年間、植物状態もしくは記憶喪失の主人公の面倒を見ていた。

それが25年経ってから、加害者に何らかのことが起こり、発覚。

やっと両親のもとへ帰ってきて、10歳から35歳までに吸収すべきことを、通常の倍以上のスピードで吸収し、人間として成長していく過程、そして周りの人々との色々な出来事などを通して、家族や人間のあり方などを問うドラマになるのではないかな、と思われます。

という流れだと、違和感なく進む気がします。

ただ、遊川和彦さんの「同期のサクラ」も昏睡状態の設定だったので、続けて2作同じ設定というのが、ちょっとありえないかな、と感じます。

35歳の少女キャストは誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆい(@ko_s.39)がシェアした投稿

35歳の少女のキャストは2020年8月5日現在、まだ主役の柴咲コウさんしか発表されていません。

この柴咲コウさん演じる今村望美の周りの人物もかなりストーリー展開上、重要な人物ばかりでしょうから、誰なのか、どんな役柄なのか気になりますね。

発表され次第、追記していきたいと思います。

35歳の少女は驚く仕掛けがたくさん!

いかがでしたでしょうか?

35歳の少女はまだ、主演と脚本家、そして9月に放送することしか明らかになっていません。

柴咲コウさんが演じるのは、とてもむずかしい役柄ということなので、どんな風に演じてくれるのか、ドラマの放送がたのしみですね!