僕らは恋がヘタすぎる

【僕ヘタ】ドラマ最終回結末はハッピーエンド?原作から予想

この記事では、僕らは恋が下手すぎる(僕ヘタ)ドラマの最終回結末についてご紹介していきます。

日曜日深夜に新たなドラマ枠「ドラマ+」が誕生し、「僕らは恋がヘタすぎる」が10月末に放送となります。

橘えいこ先生の漫画が原作となっており、ファンの間では楽しみに待つ声が多くあります。

そんな「僕らは恋はヘタすぎる」(僕ヘタ)最終回結末について是非参考になれば幸いです。

僕ヘタ最終回結末に向けてのあらすじ【僕らは恋がヘタすぎる】

川島海荷演じる「藤原花」は、小学校からの大親友片山みずきと彼氏に浮気されたことから傷心旅行に行くことに。

その旅行先で白洲迅演じる「成田洋介」と「一之瀬歩」という二人の男性に出会います。

出会ったばかりの成田に性格的に言いたいことが言えないことについて花を正論で叱ります。

そこで「気を使って何も出だせない」という自分の欠点に気づき自分を変えていこうとします。

大親友のみずきにはいい雰囲気になった男の人に花を紹介してほしいと言われることもあり、内心複雑な思いを抱いていました。

他人に気を使いすぎて自分を犠牲にしてしまう花と、真剣に付き合ったことがなく愛されたいと強く願うみずき。

相手のために正論を言ったのに嫌われてしまう成田と、心の影のせいか優しくもチャラくもある歩。

それぞれの友情・嫉妬・裏切りが恋愛を通して自分と向き合っていく姿が鮮やかに描いていきます。

僕ヘタのキャスト【僕らは恋がヘタすぎる】

現在発表されているキャストは、主演の二人となっています。

藤原花(24)・川島海荷

コンビニエンスストアの商品開発部に所属し、スイーツ開発を担当している。

人に気を使いすぎる優しい性格で、簡単に自分を犠牲にしてしまいます。

大親友のみずきに守られてきました。

川島海荷のコメント:原作の漫画を読んだ感想は、登場人物が魅力的で引き込まれました。それぞれの不器用さがもどかしくて愛らしくて、皆を応援したくなるような作品です。花を演じるにあたっての意気込みは、自分を後回しにしすぎてうまくいかないことがある花がどうやって変わっていくのか。恋愛以外にもどう向き合っていくのか是非見ていただきたいです。

成田洋介(28)・白洲迅

経営コンサルタントで花が旅先で出会った口の悪いイケメンです。

強引でストレートな性格で、相手のためを思い正論を言うがそのせいで周囲から人が離れていったことも。

白洲迅のコメント:原作漫画を読んでみた感想は、大人だからこその不器用な恋愛にそれぞれの人間模様が見えてあっという間に読ませていただきました。役を演じるにあたっての意気込みは、成田は純粋な男で思いやりが強いからこそ人に対して真正面から正論で怒ったりできるんだと思います。そんな成田を熱く演じられたらと思います。

原作者・橘えいこ先生のコメント

ドラマ化のお話をいただき、ドキドキとワクワクの中で毎日を過ごしています。

感謝の気持ちを持ちつつ、「動き回る5人を早く見たい!」という気持ちでいっぱいです。

皆さんにも楽しんでいあただけましたら幸いです。

原作を読んでからドラマを楽しみたい人は、16巻あるので今のうちに読みましょう。

僕ヘタ最終回結末はハッピーエンド?

僕ヘタの最終回結末がハッピーエンドとなるのか気になるところですね。

最終回は、花と成田が遠回りしながらもくっついて結婚するのではないのかと思います。

原作では16巻まで発売されており、完結していません。

ドラマと同時に最終回を迎えるのか、どちらかが先に最終回を迎えるのかで終わり方も変わってくるのではないのでしょうか?

どちらでもそれぞれの人物が、ハッピーエンドで終わるのではないのかと考えられます。

ドラマは原作と多少変えて放送されると思いますし、漫画も巻数が多いので全てを収めるのは大変だと思います。

僕ヘタ最終回結末はヘタキュン!

今回は僕らは恋がヘタすぎる(僕ヘタ)ドラマの最終回結末について紹介していきました。

まとめてみると・・・

  • 僕らは恋がヘタすぎる(僕ヘタ)ドラマのキャストは、川島海荷と白洲迅。
  • 僕ヘタの最終回結末は、それぞれが幸せになるハッピーエンド

是非参考になれば幸いです。