閻魔堂沙羅の推理奇譚

ドラマ閻魔堂沙羅の推理奇譚キャストは誰?あらすじは?

この記事では、閻魔堂沙羅の推理奇譚キャストやあらすじについて紹介していきます。

2020年秋スタートとなる、閻魔堂沙羅の推理奇譚ですが早くも話題となっています。

木本哉太さん原作のドラマで、視聴率も期待できます。

そんな閻魔堂沙羅の推理奇譚キャストやあらすじについて徹底調査していくので、是非参考になれば幸いです。

ドラマ閻魔堂沙羅の推理奇譚キャストは誰?

閻魔堂沙羅の推理奇譚は、2020年秋・NHK総合のよるドラで毎週土曜日・夜11時半放送予定となっているドラマです。

全8回放送予定で、続編も期待できるドラマとなっています。

そんな閻魔堂沙羅の推理奇譚の現在、公表されているキャスト情報などを紹介していきます。

キャスト

沙羅役(あの世の裁判官):中条あやみ

今回のドラマの主演は、女優やモデルで活躍中の中条あやみさんです。

他のキャストはまだ発表されておらず、随時発表となりそうです。

中条あやみさんは、

「初めて聞いたときいろいろな意味でビックリしました!いつかこのような特殊な役を演じてみたいと思っていたので、楽しみです。台本を読んでいて、それぞれの人間ドラマが楽しく思いました。沙羅が諭す言葉は大切な意味があり、ドラマを見ている人の心にも刺さると思います。沙羅のキャラクターを大事にして、キャスト、スタッフと一緒に力を合わせて楽しい作品を作っていけたらいいなと思います。ぜひ、『死者復活・謎解き推理ゲーム』を一緒に楽しんでいただけると嬉しいです」

引用:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/431932.html

とコメントしました。

中条あやみさんは、14歳でスカウトされ芸能界に入り2012年には「東京ガールズコレクション」にモデルとして初参加をしています。

同じく2012年に「黒の女教師」で女優デビューをしてから、様々なドラマ・映画で見るようになりました。

スタッフ

脚本:古家和尚

音楽:岩崎琢

演出:渡辺良雄・葛西勇也・石川慎一郎・鈴木航

原作

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」は、ミステリー作家の木本哉太の人気小説シリーズとなっています。

第55回メフィスト賞を受賞したデビュー作「閻魔堂沙羅の推理奇譚」をシリーズ化し、講談社の文庫レーベル「講談社タイガ」から書き下ろしで2018年より刊行されています。

原作の表紙イラストは、望月けいさんが書かれています。

現在も続いており、6巻まで発売されて次巻は2020年9月15日発売予定とばっています。

ドラマ閻魔堂沙羅の推理奇譚あらすじは?

主人公である、閻魔堂沙羅はあの世の裁判官で沙羅の元にやってくる死者たちを天国に行かせるか地獄に行かせるか決めるひとです。

そんな沙羅のもとにやってくるのは、皆誰かに殺されてしまい生きていた現世に未練を残してきたもの達ばかりです。

皆生き返りたいと泣きつくものばかりで、そんな彼たちに沙羅は「自分の死の真相を突き止めるのが条件です」と言います。

生き返るために自分たち殺した犯人を、必死に推理していく物語となっています。

ですが、ひとつひとつの事件の推理を解いていく一方で沙羅自身が自分は生前一生懸命生きてこなかったということを思い知らされます。

そして生きる覚悟を固めることで、己の人生を変えていきます。

被害者が自分の犯人を捜し、推理していく異色のミステリードラマとなっています。

死んだ後の世界というのは、以前話題となった漫画が原作にもあったドラマ「死役所」と少し似ていますね。

死役所は、死んだあと絶対に生き返ることはできませんが「死んだ後の世界」という点では少し似ています。

死の世界をテーマにしたものは、死についてよく考えることになりますよね。

1話完結となっているミステリードラマとなっていますが、放送が楽しみですね。

ドラマ閻魔堂沙羅の推理奇譚の読み方は?

見たことのない漢字ばかりを使用している「閻魔堂沙羅の推理奇譚」ですがなんと読むのでしょう・・・

閻魔堂沙羅の推理奇譚:「えんまどうさらのすいりきたん」と読みます。

難しいですが、名前からも興味がでてきますね。

ドラマ閻魔堂沙羅の推理奇譚キャストと謎解き!

今回は、閻魔堂沙羅の推理奇譚のキャストやあらすじについて紹介していきました。

まとめてみると・・

キャストの主人公の閻魔堂沙羅役は中条あやみ

大まかなあらすじは、死後をテーマにし自分を殺した犯人を推理していく異色のミステリードラマ

閻魔堂沙羅の推理奇譚の読み方は、えんまどうさらのすいりきたん

是非参考になれば幸いです。