私たちはどうかしている

私たちはどうかしている(わたどう)犯人は誰?黒幕をネタバレ!考察

この記事は「私たちはどうかしている」(わたどう)の犯人について書いています。

横浜流星さんと浜辺美波さん主演のドラマ「私たちはどうかしている」通称わたどう。

原作は講談社「BE・LOVE」連載中の安藤なつみさんの漫画です。

ミステリーとラブストーリーが一体になったラブ・ミステリー。

横浜流星さんと浜辺美波さんの人気の2人が主演、原作も人気の漫画とあって、早くも話題になっています。

今回は犯人である黒幕は誰なのか、考察していきたいと思います。

ネタバレありなので、見たくない方は今すぐ引き返すか、横浜流星キスシーンランキングをご覧になってください。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!

私たちはどうかしている簡単なあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

花岡七桜(はなおかなお)は和菓子職人。

ある日、和菓子職人の集う競技会で椿と出会う。

実は椿は七桜が子供の頃、母が住み込みで働いていた和菓子屋の跡取り息子。

2人は兄弟のように育ちましたが、ある日、椿の父親が何者かに襲われ、亡くなってしまいます。

七桜の母百合子はその容疑をかけられ、逮捕されてしまいます。

そして無実を訴えながら、裁判中に倒れてしまい帰らぬ人となってしまいました。

七桜は椿がその和菓子屋「光月庵」の息子だと気づきますが、椿は七桜のことを気づいていない様子で、なんとプロポーズをします。

母の事件の真相を明らかにしたい七桜はその申し出を受け、光月庵に潜入するのでした。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!

私たちはどうかしている犯人は誰?原作からネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

「私たちはどうかしている」嫌がらせをしていた犯人は?

七桜が届けた和菓子を真っ赤にしたり、厨房を使わせないように仕向けたり・・・。

いろんな人を操って、七桜を光月庵から追い出そうと企んでいるのは椿の母、今日子だった。

目的のためには手段を選ばずに、どんな汚い手でも使って椿に嫌がらせをしかけてきます。

いっそ清々しいほどの悪人です。

七桜の母を陥れた犯人は一体誰だったのか?

七桜の母を陥れた人物、すなわち椿の父を手に掛けた犯人ということになります。

ここで怪しい人物を挙げていきたいと思います。

椿の母・今日子

一番怪しいですよね。

今日子は七桜の母・百合子と自分の旦那(椿の父)の関係を知っていました。

ですから、もし犯行を行うとしたら百合子を手に掛けるのではないか、と思います。女性は浮気した旦那よりも、浮気相手を恨む傾向にあります。

百合子を犯人にしたてようとしたのも、椿の証言があってこそ。最初からそのつもりだったわけではなさそうです。

となると、1番怪しい、見るからに怪しい今日子は違うのかなぁと思います。

ここまで悪役に徹して、やっぱり犯人、ではつまらないですよね。

でも事件のあった朝、庭で佇んでいたのを多喜川に目撃されていますので、アリバイがなくなったということになります。

光月宗寿郎

光月宗寿郎も、一見ネコ好きの優しい老人のようですが、実は違うんですよね。

椿が息子の子供ではない、ということに薄々気がついていて、DNA鑑定をする前から「私の本当の孫じゃないからな」と発言しています。

なにかを察していたのでしょう。

しかし、今日子を憎んだり、椿が気に入らなかったりしても自分の息子を手に掛ける動機がありません。

多喜川薫

実は椿の腹違いの兄。

自分の家庭を壊した今日子を恨んでいます。そして事件のあった朝、今日子が庭にいるのを目撃しています。

この証言により、今日子のアリバイがなくなりました。しかし、なぜ多喜川が光月庵にいたのか?謎ですよね。

でも、今日子を恨んで光月庵を潰そうとしていましたが、樹を襲う動機がありません。

他の関係ない人を傷つけ、肝心の今日子はなにもされていないので、多喜川も怪しいですが犯人ではなさそうです。

職人の誰か

職人のうちの誰か、という線も。

今日子は目的のためなら手段は選びません。

時には女であることを利用して、人を動かすこともやぶさかではありません。

ですので、今日子に振り向いてもらうために犯行を行った可能性も。

私たちはどうかしている犯人はいない?

ここまで考察しましたが、今日子を恨んでいる人物はいるものの、樹を消そうとする動機のある人物はいませんでした。

そこで考えられるのが、事故または自殺の可能性です。

事故または自死なのを、偽装した、あるいはかばって事件になってしまった、という説です。

百合子を狙った?

今日子は百合子を狙ったけど、樹がかばって死んでしまった、という説。

今日子は自分の息子である椿を跡取りにしたいので、百合子と七桜が邪魔だったはず。

でも、そうすると七桜が1番邪魔なんですよね。

なんといっても樹の血を継いでいる後継者です。

この線は薄いかも?

七桜を狙った?

七桜が樹の子供であることを知った人物が、跡を継がせまいと狙い、樹がかばった?

しかし、七桜にはそんな記憶はありません。

いくらなんでも、襲われそうになったら覚えてますよね。

でも、ショックで記憶がなくなっているという可能性もありますね。

無理心中?

百合子との仲を認めてもらえず、今日子と結婚したものの、百合子しか愛せないことに絶望した樹が無理心中をしたけど、百合子だけが生き残ってしまった。

これなら、百合子が取り調べの際、1度罪を認めた理由もわかります。

自分を殺め、自らも逝ってしまった樹をかばおうとしたと考えられます。

しかし、樹が百合子をどんなに好きだとしても、七桜もその好きな人との間に生まれた娘です。

置いていこうとするでしょうか。

多喜川の父親?

多喜川の父親は今日子に複雑な感情を抱いていました。

今日子を自分のものにしようと樹を消そうとした、という可能性もありますね。

しかし、それなら今日子も離婚して多喜川の父親のもとにいったと思います。

地元の名士であり、椿の実の父親です。

光月庵じゃなくても、お金持ちならよさそうですし。

しかも、そこまで今日子が好きなのかも謎ですね。

無料トライアル実施中!

「私たちはどうかしている」原作をU-NEXTで無料で読む 毎月約2冊分無料で新作も楽しめる♪

私たちはどうかしている椿が犯人?

事件のあった15年前、椿はまだ6歳です。

しかし、椿の手と顔には血がついていましたよね。

もちろん故意に、ではなく事故だと思いたいですが、椿のせいだという可能性も捨てきれません。

それをかばおうとして、今日子も強引に椿に「百合子を見た」と言わせたのだとしたら辻褄があいます。

自分の子供ではないとわかっていた樹が、椿に冷たく当たっていたら?

しかし、椿を連れて桜を見に行ったりしてますので、それなりにかわいがっていた気もしますよね。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!

私たちはどうかしている犯人は誰?原作とは違う?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿


テセウスの船は原作とドラマで犯人が違いました。

このように犯人がいるようなドラマで原作がある場合、原作とは違う結末になる場合があります。

ですので、「私たちはどうかしている」も原作のコミックとは違う犯人という可能性も十分ありますね。

そして、原作もまだ連載中です。

「逃げるは恥だが役に立つ」も放送中はまだ連載でしたが、ドラマはドラマなりの終わり方となりました。

続きはHuluで!となる可能性もなくはないですね。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!

私たちはどうかしているキャスト(ネタバレあり)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

高月椿(たかつきつばき) 横浜流星

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

光月庵の跡取り息子。

祖父に認めてもらって光月庵を継ぎたいと考えている。

途中で七桜が幼い頃一緒に過ごし「さくら」と呼んでいた女の子だと気づく。

だんだんと七桜に惹かれていく自分に気づく。

花岡七桜(はなおかなお) 浜辺美波

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

母の汚名を晴らし、事件の真相を探るため椿と結婚して光月庵に潜入。

和菓子職人。

高月今日子(たかつききょうこ) 観月ありさ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

椿の母。

光月庵には嫁に来た。

大倉百合子(おおくらゆりこ) 中村ゆり

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

七桜の母。裁判中に亡くなった。

高月宗寿郎(たかつきそうじゅろう) 佐野史郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

光月庵の大旦那。

全ての実権を握っている。人の良い老人に見えるが実は腹に色々と抱えている。

高月樹(たかつきいつき) 鈴木伸之

椿の父親。15年前に事件で帰らぬ人に。

多喜川薫(たきがわかおる) 山崎育三郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

母の知人。

長谷川栞(はせがわしおり) 岸井ゆきの

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

椿の許嫁。

家が決めた許嫁だが、栞は椿に好意を寄せている。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!

私たちはどうかしているに犯人は椿?

いかがでしたでしょうか?

犯人が椿だったら、最初の最初でネタバレもいいところですよね・・・。

誰なのか、考えれば考えるほどみんなが怪しく思えてきますね。

そして、今回は原作の漫画から考察しましたが、犯人やラストが原作とは違う場合もあります。

ですので、こればかりはドラマを見ないと謎が解けませんね。

結末はどうなるのでしょうか?椿と七桜は結ばれるのか?

ドラマの最終回を期待しましょう。

▼▼▼「私たちはどうかしている」見逃し配信無料視聴する▼▼▼

Hulu公式サイトはこちら 2週間無料トライアル!