美食探偵「明智五郎」

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!地味な主婦が妖しく変貌!?

無料で今すぐ美食探偵を見る

超美食家のイケメン探偵が事件の謎に迫る、美食探偵。

イケメン探偵明智五郎を演じるのは、中村倫也さんです。

容姿端麗だけど、変人の探偵です。

推理だけではなく、グルメにラブストーリーの要素もある「美食探偵」

今回は美食探偵明智五郎のネタバレをご紹介します。

がっつりネタバレなので、見たくないという方はあらすじ部分で引き返してくださいね。

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!プロローグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

みか(@sho_love_m6)がシェアした投稿

「もし明日死んでしまうとしたら、あなたは最後に何を食べますか?」

神戸ビーフの備長炭ステーキ、日本海直送の熟成寿司、ベルギー王室御用達のチョコレート三昧、背脂チャッチャ系こってりチャーシューメン、それともシンプルisベストTKG(卵かけご飯)

私は、私の最後の晩餐は・・・。

と思いを馳せているのは、下が海の断崖絶壁にしがみついている若い女性。

「思い出せない!こんなことになるなら、そのつもりで食べておけばよかった!」

「これが最後の晩餐だって、意識して食べられる人がどれだけいるのか。」

「何かの拍子に事件に巻き込まれて、亡くなってしまうことだってある。私だってこの人と出会ってばっかりに・・・。」

と考えながら崖の上を見ると、そこには男性が。

そして男性が言います。「自業自得ってやつだな」

それに対して、女性が「最悪だぁぁぁぁー!」と叫ぶシーンから始まります。

場面は代わり・・・。

キッチンカーでお弁当屋さんを営んでいる小林苺(小芝風花)のもとに明智五郎(中村倫也)がやってきます。

どうやら、明智五郎はここの常連の様子。

「やあ、シェフ。今日のメインとガルニはなにかな?」

キッチンカーでお弁当を売っている苺をシェフと呼ぶ明智五郎。これに対し苺は「今日のおかずは黒板を見ていただけますか?」と店頭に立てられた看板を指差します。

スーパーゆりさん
スーパーゆりさん
ガルニとはガルニチュールのこと。フレンチで付け合わせのことを言います

難しい横文字で会話を続ける明智五郎に、苺は笑顔で対応しながら会話に出てきた「ブーランジェリー」とは何か、スマホで検索。(ブーランジェリーはパン屋さんのこと)

苺によると明智五郎は

  • 近くの探偵事務所の探偵さん
  • なぜか今どきループタイ
  • 顔は上の下
  • かなり面倒くさい

現金を持ち合わせていないから、カードで支払おうとする明智五郎。(しかもブラックカード)カードは使えないという苺。

じゃあ、ツケにしてくれと言う明智五郎に苺が怒ったり。

こうして、2人で会話をしていると、突然2人組が現れて明智五郎を連れ去ってしまいます。

カードを忘れていった明智五郎を追いかけて事務所に行くと、そこからは物騒な会話が・・・。

「警察を呼びますよ!」と苺が勇気を出して、事務所に踏み込むと2人組はなんと警察でした。

警部と警部補。

この2人は明智五郎に事件について相談していたのです。

明智五郎が先程買い物していたブーランジェリー(パン屋)で起こった事件です。

  • パン屋の店主が山で亡くなった
  • 頭部を殴られた跡がある
  • 近くにはパン生地を捏ねる麺棒が落ちていた
  • 現場にはほとんど血痕がない

明智はその事件を美食にまつわる知識によって、犯人を割り出します。

  • さきほど買った酵母パンはもっちりしている
  • 酵母パンの酵母菌は湿気に弱い
  • 犯行がパン屋なら血痕を洗い流しただろう
  • もしそうなら、こんなにもっちりとしたパンにはならない

犯人は店を潰してコンビニにしたかった息子夫婦でした。

犯人がわかった警察は去っていきます。

お弁当とカードを渡す苺。

明智五郎はお弁当を食べ始めます。

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

スイ チャン(@nakamu__sui.2)がシェアした投稿

依頼人

お弁当を食べ始めた明智五郎に、代金を請求するとまたカードを出す始末。

そんなやり取りをしていると、事務所のチャイムが鳴ります。

思わず、「はーい!」と答える苺。

ドアから地味が格好をした女性が現れます。

明智五郎に言われて、お茶を入れる苺。

依頼人は夫の浮気調査を依頼しに明智五郎のもとを訪ねてきたことがわかります。

「夫の服から毎日違う香りがする」という依頼人。

その香りは香水などではなく、食べ物の香りだという。

そこに惹かれた明智五郎は依頼を受け、翌日から早速調査を開始します。

依頼人の夫を尾行したところ、古いアパートへ。夫はライチタイムに若い女性の部屋を訪ねていました。

調査終了

1週間の調査が終了し、事務所で依頼人に報告をする明智。

夫の浮気が分かったことで、なぜか生き生きとする依頼人。

知人に離婚弁護士がいるので、離婚しようと思うと言います。

そして、明智五郎に有り合わせで作った料理を振る舞うことに。

ごちそうすることになるのなら、色々買っておけばよかった、という依頼人の冷蔵庫を見ると、そこには色々な食材がタッパーに入れられ、たくさん並んでいたのだった。

依頼人が作った鮭のムニエルを堪能した明智五郎は、彼の中での最上級の褒め言葉である「悪くない」を2回も口にする。

その言葉に微笑む依頼人。

そんな依頼人に「あなたは本当のあなたを心のどこかにしまい込んでいるのではないですか?これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」といい、帰っていきます。

明智五郎が帰ったあと、その言葉を思い出し微笑む依頼人。その笑顔はどこか不気味なものでした。

事件発生

いつものように、苺の弁当を事務所で食べる明智五郎の耳に「男性が首を切りつけられて重症」というニュースが入ります。

この男性はなんと、依頼人の夫。

事件現場はあの浮気相手のアパートでした。

慌てて依頼人に電話する明智五郎。「今車の運転中」だという依頼人の話し方も声も、以前とは違い、自身に満ち溢れてまるで別人のようです。

依頼人が運転する車の助手席には刃物。そして顔には返り血が。

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@fuukarian_04)がシェアした投稿

ここからネタバレです。

見たくないかたは引き返してください。

告白

「最後」という言葉を口にした依頼人の危険を感じ取った明智は、一緒に葉山でランチしようと持ちかけます。

急いで葉山に向かうため、明智五郎は苺にキッチンカーを出させます。

依頼人は車を停め、海にナイフを投げ捨てました。

その頃、夫の浮気相手は警察の取り調べを受けていました。

実は浮気ではなく、店を出すのが夢で毎日男性に試食してもらっていただけでした。

店に着いた明智五郎は、先に到着して待っていた依頼人の変貌に驚きます。

そこには以前の地味な主婦はいなく、黒いドレスを身にまとい、髪の毛も下ろし妖艶に微笑む女性がいました。

夫は肉が嫌いで、いつも魚だったという主婦は「真っ赤なレアのステーキ」をオーダーします。

そして、面白みのなかった夫との生活を語りだします。

「夫婦にとって食事はどちらかが死ぬまで続くもの。許せなかった」

自分には味噌汁と魚しか作らせなかったのに、若い女とは色んな料理を食べていた。スパイスや香草を使った手料理を食べていた夫が許せなかったと話します。

夫は不能なので、相手の女性とカラダの関係がなかったことは知っていた。

新婚当時買ったけど、1度も出番のなかったドイツ製の包丁で夫の喉をかっ切った、と告白するのでした。

キス

それを聞いた明智五郎は、今回のことは自分の責任だと言います。

そしてホテルの部屋を取ってあるから、せめて罪滅ぼしに最後の夜を一緒に過ごそうと主婦に手を差し出します。

そんな明智に「あなたに出会えたのは私の運命。あなたが言ってくださったのよ。あなたが私を解き放ってくださったんです。私は私でいいんだって。あなたは私の名探偵。さようなら。」と告げ、主婦はキスをします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

スイ チャン(@nakamu__sui.2)がシェアした投稿

一方、外で待機していた苺は、1人で出てきた主婦を見かけ不審に思います。

そして、明智五郎は倒れているのを発見します。明智五郎は睡眠薬を飲まされていたのです。苺が対処法をネットで調べたおかげで意識が戻った明智五郎は、すぐに主婦を追いかけます。

崖で身投げしようとしている主婦を発見した明智と苺。

説得を試みますが、主婦は崖へ向かって歩き出します。

止めようと走り出す苺。

途中で転んで、崖から落ちそうになってしまいます。

「自業自得だ。崖で正論なんて吐くからそうなる。」と明智五郎に冷たく言い放たれてしまいます。

苺の健闘も虚しく主婦は崖から身投げをしました。

主婦の遺体は見つかりませんでした。

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!ラスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

スイ チャン(@nakamu__sui.2)がシェアした投稿

日常に戻った苺と明智。

落ち込んでいるだろうな、と心配していた苺の前に「今日はちくわの磯辺揚げはないのか。最悪だ」と悪態をつく明智が現れます。

苺の弁当を持って事務所に戻った明智はモナリザの絵葉書が届いているのを見つけます。

そこには、「ハンサムな探偵さんへ」と書かれていました。

主婦の微笑みをモナリザに例えたのは明智への主婦からのメッセージでした。

新たな事件

パンケーキ屋さんで友達に明智の愚痴を話していた苺。

「美食探偵と付き合っちゃえば?」と友達に言われ、全否定します。

そこへ明智から「ホテルに部屋を取っておくからすぐに来てくれ」と電話がかかってくる。

誘われたと勘違いした苺だったが、理由はそのホテルで事件が起こったからでした。

刑事と2人で美食倶楽部でランチをしていた明智のもとへ、同じホテルの上層階で事件が発生したとの連絡が入ったのです。

一般人なのに現場に入ってしまう明智。すっかり若い刑事を手懐けています。

被害者は23歳のアルバイト男性、25歳の飲食店店員の女性の2人。

シアン化合物が使われていたこと、朝食のメニューを刑事から聞き、苺のことを助手だと紹介します。

そして部屋で被害者と一緒の朝食をルームサービスで頼みます。

そのルームサービスへの電話で明智五郎が大手百貨店の御曹司だと苺は知ることになります。

そして御曹司の権限を使用し、支配人から宿泊者リストを見せてもらう。

一方、ホテルの前で事件のニュースを見ていた若い女性が訪ねていたのは身を投げたはずの主婦だった。

主婦は女性のことを「林檎ちゃん」と呼び、「すごいわ、二人いっぺんにやっつけちゃうなんて」と話しかける。

彼のことは手にかけるはずではなかったという林檎に「大丈夫。あなたは正しいことをしたの」とワインを勧める主婦。

林檎は主婦のことを「マリアさん」と呼んでいた。

「どうしてお金を払うわけではないのに、私みたいな田舎者の犯行を手伝ってくれたのか」と問う林檎に、「私はもう消したい相手がいないのよ。だからあなたにメッセージを送って、演出させていただいたの。それと理由はもう一つ。私会いたい人がいるの。あの人にもう一度会いたいの。」と答える主婦。

そして、明智五郎も宿泊者名簿から、マグダラのマリア(Maria Magdalena)を見つける。それは明智五郎に送られてきたモナリザの絵葉書の差出人と同じ名前でした。

美食探偵「明智五郎」ネタバレ第1話!明智五郎情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

うさぴょん(@usapyon.6)がシェアした投稿

1話でわかった明智五郎情報。

  • エビアレルギー
  • 事務所でエビを飼っている
  • 運転免許は持っていない
  • 月に1回美食倶楽部の食事会に参加している

苺が友達と食べていたパンケーキはここ

幸せのパンケーキ 表参道店

マリアは死んでいませんでしたね。

そして、報酬ももらわずに手助けすることを楽しんでいる様子です。

これから明智五郎との対決が始まるのでしょうか?

楽しみですね。

↓↓↓美食探偵明智五郎を無料で見る↓↓↓▲▲▲2週間全作品が無料で見られる!▲▲▲