おカネの切れ目が恋のはじまり

【おカネの切れ目が恋のはじまり】原作第1話ネタバレあらすじ!4話完結

この記事はおカネの切れ目が恋のはじまりの原作について書いています。

9月15日(火)夜10:00スタートの「おカネの切れ目が恋の始まり」

松岡茉優さんと三浦春馬さんが主演のドラマです。

1円単位まできっちりと正しくお金を使うことにこだわる清貧女子と、浪費家の御曹司が織りなすラブストーリーです。

今回はそんな「おカネの切れ目が恋の始まり」について、

  • 原作はあるのか
  • 1話ネタバレあらすじ
  • キャスト

などをご紹介します。

おカネの切れ目が恋の始まりの原作は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

wako(@wako1987)がシェアした投稿

「おカネの切れ目が恋の始まり」には原作はありません。

ドラマのために脚本家の大島里美さんが書き下ろしたオリジナルストーリーになります。

大島里美さんは大河ドラマ「花燃ゆ」の脚本などを務めた脚本家さん。

「1リットルの涙」なども担当しています。

プロデュースしたのは「グランメゾン東京」や「重版出来」の東仲恵吾さん。

演出は

平野俊一(『カンナさーん!』『あなたには帰る家がある』『インハンド』)
木村ひさし(『A LIFE〜愛しき人〜』『99.9—刑事専門弁護士—シリーズ』)
土井裕泰(『凪のお暇』『カルテット』)

脚本 大島里美
プロデュース 東仲恵吾
演出 平野俊一・木村ひさし・土井裕泰

となっているので、面白くないわけがありませんね。

おカネの切れ目が恋の始まり第1話ネタバレあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_love_kyunがシェアした投稿

あらすじ

玩具メーカーで働く九鬼玲子(くき・れいこ)は「清貧」女子。金額ではなく、自分の大切なものに価値を置いて暮らしています。

そんな玲子が務める会社の御曹司は玲子とは正反対の浪費家。

浪費することに関しては天才と言われるほどの浪費家です。営業部にいたのですが、浪費のせいで玲子のいる経理部へ移動になり、2人は出会います。

金銭感覚の真逆の2人が出会うことで生まれるロマンス。

ですが、ただのロマンスになるわけがなく、おもしろおかしいラブコメディーになっています。

ネタバレあらすじ

ここからはネタバレになりますので、見たくない人は引き返してください。

玲子は正しくお金を使うことが生きがいのアラサー女子。

前からそうではなく、実はある過去のせいでこのような思考になってしまったのです。

玲子はめったに物を買いません。

そんな玲子が買い物をするのは「お迎え日」と名付けています。

買うのではなく、大切なものをお迎えするのです。

ただお迎えするのではなく、じっくり考えた末にようやくお迎えするのが玲子スタイル。

その日も古道具店で一目惚れした豆皿を1年間の間、何度も店に足を運び、たくさん悩んでやっと買う決心をした玲子。

部屋を片付け、豆皿を置くスペースを作り、豆皿の金額ちょうどのお金を用意して「お迎え」の準備を整えた玲子は、古道具屋に向かいます。

まるで長い間離れ離れになっていた彼との逢瀬のごとく、豆皿のもとへ向かう玲子でしたが、そんな豆皿が他の客に買われていくところを目撃してしまいます。

しかも、その客は派手な身なりで女性を伴い、バーベキューグッズと一緒に豆皿を雑な様子で買っていきました。

数日後、その男と再会します。

なんとその男は玲子が務める会社の御曹司。

御曹司なのに、経費の使いすぎで営業から経理へ移動になった猿渡 慶太でした。

経費を使いすぎたことで、猿渡の父親である社長が激怒し、お金の勉強のために経理に移動になったのでした。

そんな猿渡の教育係になってしまった玲子。

まったく価値観の違う2人が出会い、どのように恋に発展していくのか?

猿渡の金銭感覚は直るのか?

玲子が清貧になった幼少期の出来事とは一体なんなのか?

続きはドラマで確認してください。

おカネの切れ目が恋のはじまりキャスト一覧

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruchan//1113(@haruchan11139)がシェアした投稿

九鬼 玲子(くき れいこ)27歳…松岡茉優

 

この投稿をInstagramで見る

 

松岡茉優(@matsuokamayu216)がシェアした投稿

新しいものはめったに買わず、ものが壊れたら直したり、繕って大切に使うことでますます愛着が湧く、という価値観の中で生きている。

このような考え方になったのは、幼少期のある出来事がきっかけ。

愛読書は、鴨長明の「方丈記」

鎌倉の古民家に母と2人で暮らしている。

早乙女健が初恋の相手でまだ忘れられない。

猿渡 慶太(さるわたり けいた)31歳…三浦春馬

 

この投稿をInstagramで見る

 

MISA(@misa33_bonhan)がシェアした投稿

玩具メーカーの御曹司。

物欲が凄まじく、とんでもない浪費家。

小さい頃から、欲しいものは何でも買い与えられていたため、金銭感覚が麻痺している。

そのため、物には愛着がない。

人懐こく、甘え上手で女性も常に新しい人と付き合っては別れることの繰り返しなので、毎日が修羅場。

早乙女 健(さおとめ けん)32歳…三浦翔平

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍎Mayu🍎(@mayu.nakamura0528)がシェアした投稿

玲子の初恋相手。

公認会計士、ファイナンシャルプランナーの資格を所持している。

イケメンすぎる顔面を活かし、テレビのコメンテーターとしても活躍している。

自分の顔面の価値をよくわかり、それを上手に最大限利用している。

が、裏の顔もある謎の人物。

板垣 純(いたがき じゅん)25歳…北村匠海

 

この投稿をInstagramで見る

 

take_me_0813(@takumi.11.3)がシェアした投稿

猿渡の後輩。

将来の貯蓄に不安を抱いている節約男子。

父親はギャンブル依存、母親は祖母の介護でつきっきり、弟たちはまだ学生なので、25歳にして一家の大黒柱。

絵に描いたような典型的にお金に苦労して育った苦労人。

老後の不安からお金を使いたくない、でも恋愛も結婚もしたいと思うものの、節約と恋愛の両立が難しく悩んでいる。

玲子にひそかに片思いをしている。

おカネの切れ目が恋のはじまりネタバレあらすじの見どころ

 

この投稿をInstagramで見る

 

haru(@reincarnation_haru)がシェアした投稿

おカネの切れ目は4話完結のドラマです。

このドラマの見どころは

  • 金銭感覚の真逆の2人の恋の行方
  • じれったい恋にキュンキュン!
  • 2人の金銭感覚はどう変化するのか?
  • 玲子の幼少期の出来事とは?

まったく価値観の違う2人が出会い、どう化学変化を起こすのか、そこが1番の見どころです。

さらに玲子を好きな可愛い後輩や、玲子の初恋の相手なども登場し、2人の関係はどうなってしまうのか?

ドキドキハラハラ、でも笑えるラブコメディーとなっています。

おカネの切れ目が恋のはじまりネタバレはラブコメ

いかがしたでしょうか?

おカネの切れ目が恋のはじまりは4話完結で、ハラハラ・ドキドキ楽しめるラブコメディーになります。

どういうラストシーンになるのか、楽しみですね。