先生を消す方程式

ドラマ【先生を消す方程式】最終回結末はどうなる?ネタバレ感想

この記事では、先生を消す方程式の最終回結末についてご紹介していきます。

2020年10月31日スタートなるドラマ「先生を消す方程式」は、毎週土曜夜23時からテレビ朝日より放送されます。

主演は田中圭さんで、これまでにない教師役として努めることから多くの注目を集めています。

明るい役が多いイメージのある、田中圭さんですが今回は生徒に狙われる教師役なようで異色の学園サスペンスとなっています。

そんな「先生を消す方程式」の最終回結末がどんな風になるのか是非参考になれば幸いです。

先生を消す方程式の最終回結末はどうなる?

主人公である、教師・義澤経男が生徒たちの攻撃にいつまで耐え抜いていくのかというドラマですが最終的にはどちらが勝つのか気になるドラマです。

義澤経男という男は、生徒たちのプライベートな情報までも熟知しているので一人一人生徒たちを追い詰めていくと考えられます。

またこの義澤経男という教師がなぜ、この学校に来たのかも最終回にはわかるのではないのでしょうか?

わざわざ「担当になった教師は短期間で退職しているクラス」にやってきたのかその理由は、おそらくこのクラスに個人的に恨みを持っているのではないのかと考えられます。

常に笑顔で対応しているのは、サイコパスなようで少し怖いですが自分のメンタルを保つためではないのでしょうか?

今回このドラマの脚本を手掛けるのは、「奪い合い-冬-」や「M 愛すべき人がいて」などの話題作を世にだしてきた鈴木おさむさんです。

鈴木おさむさんは、「普通じゃ見られない、変なドラマが始まると思って、期待して待っていてください」と話しています。

これまでにない田中圭さんを見られるのも楽しみですね。

ありえない展開や強烈なキャラクターが楽しみとなっている、鈴木おさむさんの手がける「先生を消す方程式」放送を楽しみに待ちましょう。

先生を消す方程式の最終回結末は暗殺教室に似てる?

今回の先生を消すほうは、暗殺教室に似ているのではないのかと言われています。

暗殺教室とは、漫画が原作でアニメや実写でドラマ・映画化となっています。

突如現れた「自分を消さなければ地球を滅亡させる」と政府に要望しある学校のクラスの担任になることを要望しました。

それは人間ではなく謎の生物であるが、動きが速くそれは難しいものです。

「生徒が教師を攻撃していく」「生徒VS教師」などの点から、暗殺教室と先生を消す方程式は似ていると言われています。

どんなストーリー展開となっていくのか、楽しみですね。

先生を消す方程式の最終回結末までのあらすじ

「先生を消す方程式」の舞台は、東大の進学率も高い都内にあるIQ高い進学校である「帝千学園」です。

この帝千学園の3年D組は特に成績が優秀な人たちが集められているが、このクラスを担当する教師は皆短期間で退職しています。

このクラスでは大人を追い詰め、壊れていく姿をゲーム感覚で楽しむ生徒が集まっているのです。

完全犯罪のように、自らの手を汚すことなく担任の教師を潰していきます。

そんなクラスに今回の主演である田中圭演じる義澤経男が担任の先生になることになります。

この義澤経男は、生徒から何を言われてもいつもニコニコ答えていつも笑っています。

精神的な攻撃も、怪我をさせられる物理的な攻撃に対してもいつも笑っているのです。

更に生徒たちのプライベートの情報を熟知しており、それらも笑顔で指導していきます。

その一方でどんどんエスカレートしていく、生徒たちの攻撃をいつまで耐え抜いていくのか教師と生徒のバトルが繰り広げられていきます。

義澤経男はなぜこの学校に来たのかも気になるストーリーです。

先生を消す方程式は田中圭初の教師役で最終回結末が楽しみ

今回は、先生を消す方程式の最終回結末について紹介していきました。

まとめてみると・・

  • 先生を消す方程式の最終回結末は、義澤経男の過去などが明らかになるのではないのか
  • 先生を消す方程式と暗殺教室は、先生を消すという点では似ている

是非参考になれば幸いです。