太陽の子

NHKドラマ太陽の子ネタバレ!原作と違う内容?三浦春馬出演

この記事はNHKドラマ「太陽の子」の原作について書いています。

柳楽優弥さん、有村架純さん、三浦春馬さんが出演する戦争に翻弄されながらおくる、若者たちの青春の物語です。

2020年8月15日19:30〜放送されます。

灰谷健次郎さん原作の「太陽の子」とどこがどう違うのかをご紹介していきます。

<この記事を読んでわかること>

  • 原作のあらすじ
  • ドラマのあらすじ
  • ドラマのキャスト

NHKドラマ太陽の子の原作あらすじは?【灰谷健次郎】

 

この投稿をInstagramで見る

 

yappon03(@yappon03)がシェアした投稿

「太陽の子」そして「戦争」と聞くと、灰谷健次郎さんの「太陽の子」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

灰谷健次郎さんの「太陽の子」は太平洋戦争から30年後の神戸市が舞台です。

主人公のふうちゃんは小学校6年生の女の子。

神戸市に住んでいて、両親はともに沖縄出身で沖縄料理屋さんを営んでいます。常連のたくさん来るアットホームなお店です。

ある日、ふうちゃんのお父さんが精神を病み、話をすることもできなくなってしまいます。

お父さんは発作が起こると情緒不安定になって泣いたりうめいたりするようになったので、月に1回病院へ通院しています。

そんなお父さんの通院にも付き添っているふうちゃんのことを心配した担任の先生が沖縄の草花遊びの載っている雑誌をくれます。

そんな時、店の常連である青年たちが喧嘩をします。

理由は沖縄出身であることを蔑視と感じたからでした。また、別の常連は子供を戦争で亡くしたと泣いています。

ふうちゃんは、青年たちが喧嘩をし、常連が泣いている原因の戦争について詳しく教えてもらおうとしますが、まだ6年生のふうちゃんには誰も教えてくれません。

ふうちゃんは喧嘩をした青年なら、と思い頼み込んで沖縄戦の掲載された雑誌を見せてもらいます。

そこには集団自決の写真が載っていて、それを見たふうちゃんはショックを受け、嘔吐してしまいます。

6年生の少女が、両親や店の常連を通して戦争の歴史を学び、思いを馳せる内容になっています。

NHKドラマ太陽の子は原作と違う内容?

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUYA YAGIRA STAFF/柳楽優弥 スタッフ(@yuya_yagira.staff)がシェアした投稿

NHKドラマの「太陽の子」公式サイトを見ても、灰谷健次郎さんの名前はありません。

【作・演出】黒崎博(NHK制作局)

となっていますので、灰谷健次郎さんの原作とは全く関係ないのでしょう。

しかし、「太陽の子」「戦争」のキーワードがあること、そのキーワードで誰もが灰谷健次郎さんの原作を思い浮かべること、から考えると、灰谷健次郎さんへのオマージュの可能性もありますね。

NHKドラマ「太陽の子」は戦時中のお話です。

太平洋戦争も末期のころ、建物疎開で家を失った朝倉世津(有村架純)は幼馴染の修(柳楽優弥)の家に居候することになります。

修は大学の研究室で原子核について研究をしていました。現在は海軍に命じられ、核を使用した新型の爆弾の開発研究をしています。

修たち研究者たちは、科学を兵器に使用することに悩んで、このまま研究を続けてもいいのか、悩んでいます。

そんな時、修の弟の裕之(三浦春馬)も戦地から帰ってきます。久々の再開を喜んだのもつかの間、

広島に原爆が落とされたという知らせを受け、研究者たちは広島に向かいます。そこで焼け野原になった、壮絶な広島の姿を目の当たりにしたのです。

国際共同制作映画『太陽の子』も制作される予定となっています。テレビドラマ版は映画『太陽の子』とは違う視点で描きます。

映画はまだ公開日が先とのことですが、今夏ではなさそうなので、来年の夏に公開されるのではないかと思われます。

NHKドラマ太陽の子【予告動画】

 

この投稿をInstagramで見る

 

TERU LINE友達募集中😀(@smap1919teru1919)がシェアした投稿

NHKドラマ太陽の子キャストは?

石村修:柳楽優弥

朝倉世津:有村架純

石村裕之:三浦春馬

澤村:イッセー尾形

朝倉清三:山本晋也

荒勝文策:國村隼

石村フミ:田中裕子

NHKドラマ太陽の子戦争を忘れない

いかがでしたでしょうか?

普段のわたしたちは戦争があったことを忘れて生活しています。

それほど、平和で幸せな世の中になったということ。

ですが、戦争があったということを、これからも忘れてはいけないと思っています。

忙しい毎日の中で忘れてしまうことがたくさんありますが、年に1回立ち止まることも大切なのだと思わせてくれる作品となっています。

ぜひ、家族で見てもらいたい作品です。