アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラは非現実的でありえない?看護師から批判殺到

この記事では、アンサングシンデレラはありえない設定で非現実的なのかについて紹介していきます。

石原さとみさん主演ドラマ『アンサングシンデレラ』は、薬剤師をテーマにした医療ドラマです。

医療ドラマは毎回人気を得ていますが、今回のドラマは『薬剤師』が主役の珍しいドラマでドラマ名の『アンサング』は隠れているなどの縁の下の力持ちなどを意味します。

影の英雄という意味もありますが、薬剤師の仕事ぶりが非現実的でありえないのではないのかという声が多くあるようなので調査してみました!

是非参考になれば幸いです。

アンサングシンデレラは非現実的でありえない?看護師から批判殺到

 

この投稿をInstagramで見る

 

(lala)(@satomi_86_1224)がシェアした投稿

薬剤師の仕事はお薬を調剤するのが主な仕事です。

しかし『アンサングシンデレラ』の石原さとみ演じる葵みどりは一人一人の患者さんに向き合って薬以外のこともしているおせっかいな薬剤師という設定です。

ドラマ内では薬剤師が、病気を見つけたり病気のサポートをしたりとお医者さんや看護師さんが行うようなことも行っている印象です。

また、薬剤師は医者に見下されていて感謝なんかされない仕事とも言っていました。

実際の薬剤師の仕事の範疇を超えた演出をしていると、大きな話題となっているんです。

そもそも薬剤師が気づけて、医者免許を持っている医者が見落とすことなんてあるのでしょうか?

お薬を調剤するだけではなく、看護師さんがするような『患者さんを探し回る』『心臓マッサージを行う』『患者さんのプライベートに入り込む』などと現役の薬剤師さんでも驚くような行動が多数あります。

医者に意見を言うシーンもありましたね・・

薬剤師の仕事としては、実際にはありえないことだらけらしくSNSでほんの少しですが炎上していました。

実際のSNSの声をまとめてみましたので、ご覧ください。

アンサングシンデレラは非現実的でありえない?SNSで賛否両論

 

この投稿をInstagramで見る

 

とあるドラマオタク(@myfavoriteacter0307)がシェアした投稿

実際の医療現場で働くひとたちが特に怒りや不安を覚えたようです。

以下にまとめていきます。

  • 看護師や医者をバカにしている。
  • ほとんど看護師の仕事を行っているけど、看護師いないのかな?
  • 妊婦さんの病気(ヘルプ症候群)に気づかない医者は、やめたほうが良い。
  • あまり現場をわかっていないのに描くのはやめてほしい
  • 自分の仕事放り投げていなくなった患者さんを探しに行くのはありえない
  • 患者に寄り添うのは医者と看護師なのに薬剤師がでしゃばりすぎ
  • 原作の漫画ではもっと薬剤師の仕事が丁寧に描かれている
  • 薬剤師を描くのに、医者と看護師を下げるやり方は良くない
  • 現実は看護師が寝ずに薬のチェックから何まで見てる
  • 薬剤師をバカにする、医者や看護師ばかりじゃない

しかしその逆にこんな意見も・・

  • 薬剤師の仕事の範疇を超えているって言っているひといるけど、病院によっては薬剤師が行うところもある
  • 薬剤師の凄いところばかり集めてるけど、やってる病院はやっている
  • このくらい薬のことについて勉強してほしい

などと意見は様々なようです。

アンサングシンデレラは非現実的でありえないキャスト一覧

 

この投稿をInstagramで見る

 

pikiei25(@pikiei25)がシェアした投稿

続いてキャスト紹介をしていきます。

葵みどり:石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師で、患者に深入りしてしまい時間をかけてしまう。

効率的に仕事をすれと怒られている。

瀬野章吾:田中圭

薬剤部副部長で愛想のない人に見えるが実際は優しく患者想い。

みどりに対して冷たいが、心の中では認めている。

相原くるみ:西野七瀬

新人薬剤師で消極的な理由で薬剤氏になったが、みどりに憧れ仕事に対する姿勢が変わっていく。

小野塚綾:成田凌

『ナカノドラッグ』というドラッグストアに勤めている薬剤師。

奨学金返済のために勤め、意欲のある薬剤師だったが次第に忙しさから患者のために一生懸命になるみどりを冷たい目でみている。

刈谷奈緒子:桜井ユキ

薬剤部主任で調剤プロ。

みどりとは対照的だが患者に対する気持ちは同じ。

羽倉龍之介:井之脇海

キャリア3年目の若手薬剤師で明るくムードメーカー。

工藤虹子:金澤美穂

キャリア4年目の薬剤師で監査を担当し、ゴシップが大好き。

販田聡子:真矢みき

薬剤部部長でハラスメントに敏感な優しい上司だが、計算高くてずるがしこい。

七尾拓:池田鉄洋

薬剤部副部長で独特な空気を漂わせる不気味な男で、治験管理を担当し優秀なことから治外法権の立場にいる。

辰川秀三:迫田孝也

中華料理店の店主で待たせるとキレる有名な外来患者だったが、今では優しい人。

荒神寛治:でんでん

薬剤のDI責任者で調剤の魔術師と言われるベテラン薬剤師。

アンサングシンデレラは非現実的でありえない?ドラマとして楽しむのはアリ

今回はアンサングシンデレラが非現実的なのかについて紹介していきました。

まとめてみると・・

石原さとみ演じる薬剤師の葵みどりは、薬剤師の仕事の範疇を超えている

SNSでは医者や看護師をバカにしているという声も

非現実的な話ではあるが、一つのドラマとして楽しむなら良い

これからも続くアンサングシンデレラに期待して、是非参考になれば幸いです。