美食探偵「明智五郎」

美食探偵裏メニューネタバレ!第2話Hulu林檎の母の秘密とは?

この記事は美食探偵裏メニュー第2話のネタバレについて書いています。

中村倫也さん主演の美食探偵。

謎が解けてきたような、深まってきたような・・・。

裏メニューも気になる、という方も多いのではないでしょうか?

▼▼▼裏メニューはHuluオリジナルストーリー▼▼▼

Huluでうら裏メニューを見るのはこちらをクリック

▲▲▲2週間無料で視聴可能!▲▲▲

今回は美食探偵の裏メニュー、第2話についてご紹介します。

美食探偵第2話裏メニューは「林檎の(秘)裏メニュー!ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

みのり(@tomoya_numa)がシェアした投稿


今回の裏メニューは林檎のマル秘裏メニューです。

明智の探偵事務所で林檎を向く苺。

苺が出した林檎を見て明智五郎は「これは何の形だ?」と首をかしげます。

「見たまんま、お寿司ですよ!」と言った視線の先には、

  • えび
  • いか
  • まぐろ

の寿司の形に器用にカットされた林檎が。

「味は林檎だ」

その林檎を応接セットに差し向かいに座った苺と明智は口にしながら、

「あかねさん、これからどうするんだろう」

「罪にはならなくても、犯罪に関わった事実は変わらないからな」

とあかねの今後に思いを馳せます。

苺は「あかねさんなりの方法で償って欲しい」と思っていました。

あかねの恋は”彼氏が浮気をしなくて、事件にならなかったらあの歌みたい”という。

「歌?」と聞く明智に、「なんでしたっけ・・・恋人が上京してだんだん変わっていっちゃって・・・♪恋人よ〜僕は旅立つ〜♪東へと向かう列車で〜♪」と苺は歌い出しますが、あまりの音痴さに明智はメロディーではなく、歌詞から「木綿のハンカチーフではないか」と推理をします。

音程からでは推理できなかった、怖かったとこぼす明智に怒る苺ですが、「あの歌みたいに切ないだけで終わればよかったんですけどね・・・」とため息を付きます。

※木綿のハンカチーフの歌詞は最後に載せておきますので、よかったらご覧ください。

5年前

舞台は5年前の青森に移ります。

林檎畑を背景にしたバス停のベンチであかねとその恋人が話をしています。手作りの林檎ジャムの入った瓶を差し出すあかね。

恋人はその場で瓶の蓋を開け、ジャムを1口食べ「うまい」と笑う。それを見たあかねも安心したように「やったー」と笑顔になったのでした。

「料理が上手なんだな」と言われたあかねは「これは亡くなったお母さんから教えてもらったレシピなんだ」と恋人に告げます。

お母さんもお父さんもいないから、温かい家族の団らんに憧れている、あなたといつかそうなれたらいいなと思っていることを話しました。

それを聞いた恋人は「大学を卒業したら戻ってくる。」と言ってあかねの手を握ったのでした。そこで、あかねも一緒に東京に行きたかったのですが、林檎農園を継がないと行けないので、青森に残ったという経緯が判明します。

しかし、本当は「一緒に行こう」と言ってほしかったと心の中で思うあかねに、恋人は「帰ってくるまで待っててくれ」と言います。

あかねはそんな気持ちを隠しながら、笑顔で「待ってる」と返事をするのでした。

あの頃の私

「あの頃の私は馬鹿で幸せだった。

だから、今みたいな未来が訪れることを少しも想像できなかったんだ。」

そう語るあかねの視線の先には、母親から教わったレシピで作ったりんごジャムをオシャレなクラッカーに乗せて食べているところをSNSにアップした浮気相手の写真でした。

そんなあかねにマリアからメールが届きます。

そこには「準備万端よ。心を決めて」と計画実行の決心を促すメッセージがありました。

あかねがそのメッセージを見ていると、祖父が「何してるんだ」とやってきます。

「ちょっと調べ物をしたいた」と誤魔化すあかねの様子から何かを感じ取ったのか、「何かあったのか?」と祖父は聞きます。

「なんでもないよ」と返すあかねに「お前の母親も同じだった。お腹にお前をこさえて戻ってきた時もそうだった」と言います。

母と映っている写真を見つめるあかね。「私は大丈夫」とつぶやきます。

そんなあかねに「お前の人生なんだ、お前の好きにせい。母親に似て美人になってきたな」と祖父は告げて戻っていきます。

ココからネタバレ!見たくない人は引き返してください。

塗り潰された写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

@beijudeatがシェアした投稿

私は母親似なんかじゃない、と写真立てを手にとったあかね。

写真立てから写真を取り出すと、そこにはもう1枚写真がありました。母親の横に立つ背の高い男性の顔がマジックで黒く塗りつぶされています。

深夜、ジャムにするために落ちた林檎を洗っていたあかねは、その林檎を見て「自分みたいだ」とつぶやきます。

そして18年前の母の言葉を思い出したのでした。

「見た目がどんなに傷ついてもおいしいままの林檎だ」あの時の母も今の自分と同じことを思っていたとしたら・・・。

そして林檎ジャムの作り方を教わった時、「愛を込めて作るのが大切」と教えてくれた母に幼いあかねは「愛ってなに?」と純粋な目をして聞きます。

そんなあかねに母は言葉に詰まり、「お母さんはあかねのことを愛している」と言います。

そんな自分を見て、母はどんな気持ちだったんだろうと思うあかねの顔は、母を捨てた父親によく似ていたのです。

ジャムを作りながら、泣き出す母親。心配するあかねにキツく当たってしまいます。「私はお父さんのこと、愛していた」と告げ、「ほんと、そっくり」とあかねの頭を撫でたのでした。

そして出来上がったばかりのジャムをあかねに味見させます。熱くてびっくりするあかねを見て、ニヤリと笑う母親。あの時、わざと・・・。あかねは大人になって気が付きました。

そして、「今ならお母さんの気持ちがわかる。でも、同じ様に傷ついたままで終わりたくない」とジャムを混ぜながら、悪女の顔で微笑むあかね。

明智

「傷ついた林檎は傷を治そうと、他の林檎より甘くなるらしい。人生もまたしかりだ」あかねの人生に思いを馳せた明智は苺にそう話しました。

「愛しているから手にかけるってどんな感じなんでしょうね。私だったら愛する人に毎日美味しい手料理を食べさせて、笑顔にさせたいって思うけどな〜」と言う苺を無言で見つめる明智。

音楽もムーディーに・・・。

「何、この沈黙・・・。何よ、その目・・・」

この前、明智さんの実家に行って、親にも会っちゃったし。え、もしかして・・・。

「ちなみに苺は・・・」

どうなってしまうのでしょうか・・・。

明智と苺なのか、明智とマリアなのか・・・?

みなさんはどちらを希望しますか?

木綿のハンカチーフの歌詞

 

この投稿をInstagramで見る

 

sake_0416@fukalien(@0416fukalien)がシェアした投稿

作詞は松本隆さんです。

木綿のハンカチーフ:太田裕美

恋人よ 僕は旅立つ
東へと 向う列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ
いいえ あなた私は
欲しいものはないのよ
ただ 都会の絵の具に
染まらないで帰って
染まらないで帰って

恋人よ 半年が過ぎ
逢えないが 泣かないでくれ
都会で流行(はやり)の 指輪を送るよ
君に 君に似合うはずだ
いいえ 星のダイヤも
海に眠る真珠も
きっと あなたのキスほど
きらめくはずないもの
きらめくはずないもの

恋人よ いまも素顔で
口紅も つけないままか
見間違うような スーツ着たぼくの
写真 写真を見てくれ
いいえ 草にねころぶ
あなたが好きだったの
でも 木枯しのビル街
からだに気をつけてね
からだに気をつけてね

恋人よ 君を忘れて
変わってく ぼくを許して
毎日 愉快に過ごす街角
ぼくは ぼくは帰れない
あなた 最後のわがまま
贈りものを ねだるわ
ねえ 涙拭く
木綿のハンカチーフ下さい
ハンカチーフ下さい

美食探偵裏メニューの今後が気になる

いかがでしたでしょうか?

まだまだ続く、美食探偵と裏メニュー。

テレビでの放送もされていますが、今後全話の放送はされるかわかりません。

Huluなら2週間無料でお試しすることができます。

そして、本来裏メニューはHuluオリジナルストーリーなので、他の動画視聴サービスでは見ることができません。

Huluなら追加料金が発生することもなく、定額で楽しむことができ、2週間のトライアル期間に解約すれば、一切料金はかかりません。

2週間あれば、他のドラマや映画も存分に楽しめますね。

▼▼▼2週間全ての動画が見放題!▼▼▼

美食探偵を2週間無料で視聴できるHuluはこちら

▲▲▲裏メニュー第3話が観れるのはHuluだけのオリジナル!▲▲▲

※2020年5月20日時点での情報となります。詳しくは各公式サイトにてご確認ください。